ハイジーナ脱毛の特徴は?

一昔前までは脱毛というととても高級なものというイメージがありましたが、最近ではすっかり一般化してきましたね。今ではワキなどのムダ毛は脱毛しているのが当たり前とまで言われることもあるようです。

 

そんな脱毛事情によって、ムダ毛処理から一歩進んだ「ハイジニーナ脱毛」という名前もよく目にするようになってきました。

 

このハイジニーナ脱毛とは、アンダーヘア全体の脱毛のことを指しています。「ハイジーン」という、非常に衛生的な、といった意味の言葉から派生したと言われるハイジニーナ脱毛は、本来の意味ではVIOラインの全てを完全に脱毛してしまうことを指していました。

 

VIOライン全てということは、アンダーヘアを全て脱毛してしまうということですね。一部セレブがアンダーヘアを全て脱毛しているという噂になったことから火がつき、実際に完全に脱毛していると公言している人もいらっしゃいます。

 

もちろんアンダーヘアが生えていたら不衛生だということはありませんが、一歩進んだ美意識として受け入れられているというのが実情のようです。

自然な形にも

ハイジニーナ脱毛とはアンダーヘア全てを脱毛することを指していましたが、最近では自然な形で残して、余分な部分は脱毛してしまうという意味でも使われるようになってきました。

 

もちろん、どこまで脱毛するかは受ける人が自由に決めることができますから、全体的なアンダーヘアの脱毛と考えて大丈夫でしょう。

少し注意が必要

ほかにハイジニーナ脱毛の特徴としては、デリケートな部分であることを考慮する必要があります。

 

長い間毛で保護されていたお肌が直接下着などに触れることになりますから、カブれなどのトラブルを起こしてしまうこともあると言われています。

 

ですので、ハイジニーナ脱毛を行なう際は、事前に脱毛サロンでよく相談し、出来れば肌にトラブルを起こさないか部分的に試しながら慎重に進める必要があるでしょう。